屋形船の基礎知識

屋形船に乗る前に知っておきたいこと

このサイトでは、屋形船の乗船時間や支払いに関すること、キャンセルをした場合のことなどさまざまなことがわかるようになっています。
乗船するにあたっての細々とした利用法や注意点を把握しておくと、スムーズかつトラブルなく屋形船の旅を楽しめることでしょう。
ちなみに、色々な利用の仕方がわかれば、さまざまな場面で利用できるようになります。ビジネスはもちろん、プライベートでも利用して、楽しい思い出を作ると良いです。

屋形船の乗船について

屋形船の乗船について 屋形船に乗船したい時には、電話で話をしたり、メールで連絡をして話を進めていくことになります。
船には、乗合船と貸切船がありますから、どちらの船を利用するか決めておくとスムーズに話ができることでしょう。
周遊ルートも複数ありますし、料理のコースも複数ありますので、事前にチェックしておき、後悔のない船旅をしましょう。
ちなみに、貸切の場合には、利用するために20人前後ぐらい人員がいる必要があります。
しかし、乗合船の方は、2人しかいなくても予約をすることができます。ですから、恋人とデートで利用することもできます。
屋形船の業者によっては、たった2人での貸切利用という珍しい対応ができます。料金はかなり高額になりますが、結婚などのとっておきのタイミングで利用するの良いでしょう。

屋形船で船酔いはする?

屋形船で船酔いはする? 川を航行する屋形船はそれほど揺れないので心配ありませんが、海を航行する場合酔いやすい人は注意が必要です。
海は川よりも船が揺れやすく、三半規管のバランスが崩れてしまう可能性があります。酔いやすい人は酔い止め薬を飲んでおくのが安心です。
屋形船では飲み会を行うことが多く、事前に酔い止め薬を飲むのが難しいです。アルコールが酔い止め薬の成分とぶつかり合ってフラフラしやすいなどの副作用を起こす可能性があります。
船酔いが心配な人でお酒を飲む予定があるならば、ウコンドリンクなど肝臓がアルコールをしっかり分解できるように整えます。
飲みすぎに注意し脂っこい食べ物はできるだけ避けます。柑橘類は腸の蠕動運動を促進するので、酔いやすい人には合っていません。
衣服は体を締め付けないゆったりしたものを選んで、体をリラックスさせると良いです。首や背中が曲がった姿勢は酔いやすいです。背筋を伸ばすことを意識して座り、なるべく下を向かないようにします。
屋形船の中央部が最も揺れにくいので、その辺りに場所を取っておくのがおすすめです。
それでも船酔いした場合は外の風に当たると軽減されることがあります。風に当たっている時の目線は遠くの景色に向けます。

おすすめの屋形船関連リンク

粋にもてなす品川の屋形船のサイト

屋形船の予約