屋形船の基礎知識

屋形船の乗船時間

屋形船の乗船時間

屋形船の乗船時間 屋形船は好きな時間に乗りに行き、好きな時間に降りる事が出来る船ではありません。事前に予約をして、その時間に合わせて乗船場まで行き、さらに決められた時間船に乗った後に降りる形です。実際の屋形船の乗船時間はその会社ごとで、さらに時間帯でも違いますが、大体は1時間半から2時間半程度となっています。その時間等でも利用料金には差が出る場合もあります。

そして屋形船はその会社によって出船時間も決められいるのです。もちろん会社ごとにルールは違いますが、出船時間を過ぎてからの出船に関しては、乗船時間を短くすると言う措置を取っている所も有ります。従って、1時間半から2時間半船の上の時間を堪能できる仕組みとはなっていますが、その時の状況によってはそれよりも短い時間になる場合もあります。時間に遅れることなく出船しても、天候の悪化や急病人が出た場合等は途中下船となる事もありますが、乗客の個人的な都合による途中下船はありません。

贅沢な気分になれる屋形船

贅沢な気分になれる屋形船 屋形船を利用することで、いつもとは違った視点からの風景を楽しむことができます。川の流れを間近に感じながら食事ができますし、場所や季節によってはゆったりとイベントを楽しめます。屋形船の利用は特別感があり、贅沢なひと時を味わえます。
例えば、桜のシーズンでは桜並木を川の流れに沿って特等席で見ることができ、夏は花火の鑑賞も人気です。花火大会は決まった日に行われるので特別感が大きいですし、人混みを気にせず華やかな花火を楽しむことができます。日本は四季がはっきりしていてそれぞれの季節の良さがあります。それを川の流れの速さでゆっくり贅沢に感じることができるので、人気があります。風景の面だけでなく、屋形船オリジナルのコース料理も堪能できます。季節の料理から焼肉会席、子供専用メニューまで幅広く扱っているところもあります。屋形船の料金的には、定番コース料理などであればそれほど高額ではなく、とても利用しやすい価格帯となっています。しかし、支払う金額以上の貴重な時間と空間を過ごせて、贅沢な気分が味わえるので、両親へのプレゼントにも最適ではないでしょうか。